カテゴリー : ガジェット

iPad Pro 10.5開封の儀(゚A゚;)ゴクリ

色々考えた結果、Proが幸せになれると結論

金利ゼロのアップルのショッピングローンでポチり(;^ω^)

アップルによれば、お届け先は自宅か勤務先しかだめとの事でしたが、クロネコメンバーズ会員なら転送かけれるので確実に受け取れるコンビニ受け取りに変更(゚∀゚)

そして受領’`ァ,、ァ(*´Д`*)’`ァ,、ァ

箱から箱を出し…

 

ぱかっ

あ、こっちは保護フィルムの方ヘ(゚∀゚ヘ)

 

相変わらずな梱包

箱まで美しい(^q^)

 

保護フィルム貼り

埃を入れず、場所もずらさず、美しく貼れました( ー`дー´)キリッ

直接画面触るよりも触り心地がよろしい(好みあり)


 

レザーケースに入れて…

 

開くとこんな感じ

完成

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

 

今回使ったフィルムとケースはこちら


PRG-600YB-3JF 4カ月目の誤差


(  ・᷄д・᷅ )え?もう6月(;´∀`)

調整から4ヶ月目の誤差は+約24秒だった。前回から半月で+3秒の誤差。気温上がるとずれるペース上がる。

ι(´Д`υ)アツィーもうなつかよ

このまま行ってみよー


PRG-600YB-3JF 3カ月半目の誤差

気がついたら5月も半分すぎるところ(;´∀`)

調整から3ヶ月半目の誤差は+約21秒だった。前回の+3秒から18秒の誤差。

半袖で過ごせる位に、あったかくなってきたからかな?

先月末くらいにみた時は+10〜15秒の誤差だったキオク

このまま行ってみよー。


PRG-600YB-3JF 2カ月目の誤差

先月からそのまま約ひと月が経過した調整から2ヶ月目の誤差は+約3秒だった。

前回の約4秒より良くなってる。このまま行ってみよー。


PRG-600YB-3JF 1カ月目の誤差

約1カ月前に電波時計と時間を合わせたプロトレックPRG-600YB-3JF 

2月の誤差は(仕様平均誤差±15秒のところ)約4秒半でした(゚∀゚)

今後もこのまま継続してみよう


PRG-600YB-3JF ぽちぽち

新しい時計が欲しいなあと、スマートウォッチばかり探してましたが、ちょくちょく充電が必要という箇所が引っかかり、ソーラーや体温とかで発電して数年間動くようなものが出るまで待とうと結論へ(いつになるやらw

次に目にとまった子がこのこ


キマシタわ、久々にビビビッと

とりあえず、腕時計はGショックを使う系の人間ですが、プロトレックも全然ストライクゾーン

で、四月まで我慢しようかとも思いまさしたが、仕事の環境がちょいとしばらく変わるのでという機会(言い訳w)なので手に入れました。

で、うっかりしてたのが、今時まさかの電波時計じゃ無い事www

買ったのはヨドバシですが、最初に見たのはビッグカメラw


表記間違えとるやんけ!!

まあ、そこは見た目とブランドで選んだのでまあ、後悔はありません。

せっかくなので、時間の誤差を検証して見ます。

仕様では、月間平均±15秒

今まで使っていた電波時計に時間を合わせて、まずは一月後の誤差を確認してみます。と言うのが2/1の話なので、まだ先w


2017年1月1日 武甲山山頂から初日の出を見てきた。(肉眼では見ていない模様

朝4時ぐらいに登り始めました。

登山口から星がよく見える見える。
「あれがデネブアルタイルベガ~♪」

って流れてきそうだけども、冬空だからこの角度じゃ見えねえわ(笑

てくてくと山を登り始めましたが、まあ最近はあなたの本業何よというぐらい運動できてなかったので、いつもの5kgあるマビカン持たずに小さくして大正解でした。間違えてそんなもの持ってったら、心折れてたね。山頂到着は0640頃

サクサクっと準備してテイクオフ

あとで知ったことですが、秩父方面から武甲山を眺めた方々は、赤い浮遊物を見かけたらしいですね。なんだったんでしょうか(^q^)

機体を目視していたのと、操縦場所が日が当たらない反対斜面の方だったので、タイトルの通り、肉眼で初日の出は見ていませんw

 


リソルの森 JDL Japan Cup 2016 に行ってきたでよ

QAV-Rを突貫で用意して、突撃(;´∀`)

予選のタイムアタックは4回あり、全部機体を傷つけずに飛べたので大変満足ww
トランスポンダの調子が今一つで、タイムが測れてなかったりしたこともありましたが、あまり気にしてません( ´ノД`)コッソリ

録画は例の10モジュールダイバシティ受信機で受信したものです。
他の人が飛ばしていた機体の傍受映像をみると、トップクラスの機体はもっと映りがいい機体がいるので、私の機体の電源の取り回しを再考した方がいいかもですね。そこら辺の人たちはそもそもminimOSD使ってないので、minimOSDの扱いかなぁ・・・?

ワタシ的にはレースも大事でしたが、せっかくのお泊りなのでガッツリMavic飛ばしてました。
DJI GO4に新たに追加されたTapFlyのARルート表示であそんだり。

ターザニアにある日本最長の445mジップスライドを空撮したり

殆どはコース上空に居ましたがw
音も静かなので、目立たず飛べましたね。

当初、バッテリー5本もいらんだろと思ってましたが、5本ばっちり使い切ってしまいました(*´艸`*)
Mavic入れるアモカンも大きくして正解でした。

あ~楽しかった(゚∀゚)


DJI MAVIC PROでandroid版 DJI GOを使ったり、逆光で撮影したり、ピンポイント自動GoHomeしてみたり

操作画面を簡単に撮影するにはandroidを使うのが手っ取り早いのです。

スポーツモード、ジェスチャーモード、ゴーホームについて撮影しました。

使ってみた感想は、現状ではiPadとかiPhone持ってるならiOS版がオススメ(゚∀゚)

特に初心者は翻訳が中途半端なandroid版DJI GOでやっても画面表示の意味が分からんねこれw

マビックでビジョンポジショニングシステムを活用した正確な着陸をする場合は、次の環境を参考にすると良いかも?
・地面が明るすぎない
・着陸場所にその周辺とは色の違うマーカーを配置
・離陸時、高度15m程度まで真っ直ぐ上げてから水平移動に移行する(GNSS誘導で誤差2m以内の時に、地上のマーカーが下部のステレオサイトに映ると、マーカー目掛けて位置修正を行うため)
・iOS版使ってみる(そう、iPhoneだからね)w

この条件で逆光の映り、GoHome時の正確な着陸を行なった4K動画がこちら(゚∀゚)


RX5808 10Module Diversity RX System(TMDRS)完成( ゚Д゚ノノ”☆パチパチパチパチ

前回、おかしな動きを見せた原因はプログラムにあったので、それを修正して再実験(゚∀゚)


うまくいったでよ(@ ̄ρ ̄@)

機体がある程度離れると正確な方角を示してくれます。

後はこれにオプションで選択されてるアンテナの方角が一目でわかる表示器を付けるだけかな。いつになるかは…(゚∀゚)


INFORMATION