DJI MAVIC PRO で夜間飛行



昼間のフライトは場所さえ選べば特に許可なくとも飛べて他のレビューも有るので、どうせやるならまだ他の人ができないことをやろうと準備( ̄ー ̄)ニヤリ


機体の情報やユーザーガイドのデータはとっくの昔に用意できてるので、いつも通りに申請して許可を頂いて補助者引き連れて夜間飛行してきました。
2015年12月10日より以前から今日に至るまで自作機で自分で全てマニュアル作ってだしたり、人様に助言したりお手伝いしてきたのが良かった。

「マビックで飛行許可はまだ出てないだろう」とかいうコメントをちらほら頂けたのが、むしろギモジイイ’`ァ,、ァ(*´Д`*)’`ァ,、ァもっと言ってえ

マビックを夜間飛行させて感じた注意事項は2点

1、障害物検知機能は2つのカメラで行われるが、明るさがないと正しい動作ができないため、上空で誤作動すると、前方に障害物が有る時のように前進しなくなる。夜間飛行時は障害物検知機能は無効にした方が良い。フライトモードはスポーツモードに切り替えられるようにすると、障害物検知機能誤作動時の対処ができる。

img_0188

 

2、ピント合わせが難しい。持ち運びを考えるとスマホとの組み合わせが最強に思うが、後でじっくり撮影したものを見たときにピンボケしててショックを受けないように、iPad等を使った方が良い。どのカメラにも言えることだがAFは暗いところではまともに動かないので、マビックの様にピント合わせがシビアな場合は夜間はマジでピントが合わない。スマホの画面じゃ合ってるかどうか見分けるのは厳しい。え?老眼?:(;゙゚’ω゚’):

img_5269某w氏がデザインした素敵なホルダー

 

持ち運びに便利で強固なアモカンをマビカンにしてみた(゚∀゚)

機体、プロポ、予備バッテリー、ケーブル類が入ります。


10モジュール ダイバシティ受信機を作成・・・

14877182_10154655915114872_1026815528_n-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bczubon氏に触発されてコシコシ作成(゚∀゚)
ハードウェアは制御部の小型化及び受信アンテナ部のモジュール化、水平方向へDH40度の15dBパッチアンテナを9面配置し360度をカバー、上面は110度5dBパッチアンテナでカバーし、半球上に全方向カバー
ソースコードは8モジュール専用の物をzubon氏の神サポートのもと流用
http://anarchy.hatenablog.com/

本システムは最大16モジュールのダイバシティが可能(実用では10モジュールでも十分wwww)

 

という、思惑のもと作成してちょいちょい実験中・・・

すんなりうまくは行かない(;´∀`)

追記:プログラムにミスが有ったので修正しました( ゚∀゚)また実験しよっと


Eachine Tiny QX90でビュンビュン

最近は小さいのばかりやってます。
電波法ぐらいしか抵触しない、お手軽感がパねえ┐(´д`*)┌ QX90


一見電波環境が悪そうな場所ですが、幾つか受信機を手で持って深夜(昼間もw)徘徊して調べ回ってます(^q^)
機体はEachine QX90で自作のペラガードやアンテナガードを含めた全重量は63g、ペラガード等も相まって自分にぶつけてみましたが、機体も自分もなんともないです(真似して怪我しても知りま(ry
207221


小さいから狭いところもらくらく

FWはCleanFlight
制御系はFrskyのD8系なので、DFT等の技適モジュールが使えます。
近々S-FHSS対応のRCモジュールを積んで系統図付きのやつがホビーネットに置かれるらしい。
ちなみに、VTXの中身は相変わらずRTC-6705(゚∀゚)
QX90はBanggoodで買うとだいたい届くのに半月かかりますw

http://www.banggood.com/jp/Tiny-QX90-90mm-Micro-FPV-Racing-Quadcopter-BNF-Based-On-F3-Flight-Controller-FrSKY-Taranis-X9D-p-1069614.html


レースはお休み

最近は空撮も嗜んでますよ(^q^)

機材はPhantom3 Advancedを使ってますが、何度やっても忘れるのです。電源入れる前にジンバルクランプを外すことを・・・
でも、「Remove Before Flight」を取り付けて外し忘れがなくなった(゚∀゚)


Rotary13B1製 「Remove Before Flight」キーホルダー

14100543_10154436121759872_8981286709396545888_n


U199で全部乗せ(゚∀゚)

20151218_072242453_iOS
“Afromini Amaze Rev3 Naze” にコンパスとGNSSをトッピングしてフル装備

しかし、飛ばす時間が今はない(‘A`)


FPV無人航空機飛行マニュアル

12/10(木)から施行された航空法に基づく申請

FBのアマチュア無線クラブでは、クラブ申請が盛り上がってまえりましたので、個人申請時のマニュアルの参考を公開します。
私はこのマニュアルを作成することで、1人FPV(条件付き)、夜間飛行、149m以下、曳航等の承認を得ることができました。
このマニュアルを参考にDID内の申請を通された方もおりますので、丸写しではなく、自分に合うようにうまくいじって使ってみてください。
フォームは航空局の例が出る前に作成したものなので、横になっていますが、縦でも横でもマニュアルの形が整ってればOKです。
が、たぶん航空局の例のように縦に合わせてあげたほうが優しいかもしれません。

これから作成する方は、作成してすぐに紙を送るのではなくメールで窓口とやり取りを行うほうが対応が早いです。
必ず航空局からツッコミが入ると考えたほうが良いです。
紙で送ると赤ペン先生をされて戻ってくるためタイムラグがすさまじいですよww


マニュアルtop
FPV無人航空機飛行マニュアル(参考個人用).pdf

ちなみに、FPVを補助者を付けてDID外の私有地を低空でで飛ばす場合は、もっと簡単バージョンがホビーネットさんのところにあるので参考にしてみてください。
その場合は、ここまで作りこむ必要はありません。
1人FPVや、夜間飛行、ぎりぎりの高度、曳航等、いろいろやろうとすると航空局からのツッコミや要求が増えまくるので、ご注意ください(汗
HOBBYNET-BLOG 改正航空法申請(FPV私有地利用ケース)


Hobby-King Color 250 Frame で飛んできた。

いやー超いい感じ
でも、フレームに付属するレギュレーター付きPCBやDYSのESCにコンデンサーついてないので、自分で追加しないとVTXが焼けますよ。
パチンと・・・
3つ・・・
(´;ω;`)ブワッ

因みにPCBのレギュレーターはほんとそれだけなんでBECというにはちょっと・・・
使えるけど、そのままじゃ故障の原因なんで、小細工が必要・・・。

で、
飛んできた映像はこんな感じです。
いろんなデータを収集しながらビュンビュン

雨の中もびゅんびゅん

固定翼機を追尾


Hobby-King Color 250 Frame

  
PCB付きのフレームには1AのBECまで付いているという優れもの。FC GPS OSD BLACK-BOXを稼働させても問題なかった。

お値段も15ドルぐらいとリーズナブル!

  
キャンパーのついたモーターマウント
軽い調整飛行でもなかなかなポテンシャルを感じさせてくれたぜ。

後はぶつけないように安全運転?


Flip32+V2.3とV2.6を比較

V2.3であったコンパスの不具合は解決されたようだ。
部品の配置もかなり変わっている。

因みにV2.3でも飛行には特に支障ない。
RTHはするが、ピルエットしながらのRTHになることが多い。
飛行中の方角もおかしいことがあった。

V2.6で実際にフライトしてみてどうなるかは、後日w


250用FPVカメラダンパー

機体からの振動を軽減、映像の乱れのほか、高振動によるPCBや振動に弱いパーツの損傷を防止
以前、コンデンサーの足が振動で折れたことが有る(笑

Mobius ActionCamを載せたマウントと一体化することで、Mobiusの重量が質量ダンパのような働きをすることに期待してる。

マウントのフロント部分は前進時にカメラが地面ばかりうつさないようにかさ上げ。
因みに使ったダンパーはPhantom用のダンパー

Cahaya 防振 ゴムボール ラバー 6個入り DJI Phantom ジンバル 対応
取り付け穴に入らないような大きさに見えたけど、ピンセット使ってクイックイ入れて行ったら良い感じに収まったww

GNSSモジュールの位置は、ノイズの影響を考慮してバッテリー上部に変更
バッテリーそのものがシールドとして働くことに期待w

映像が振動すると、森のなかで飛ぶ時に酔いそうになるw

↓は先日飛んできた森

↓はFPVレースイベント開催に向けたお手伝いテストフライトしてきた時の動画


INFORMATION